共働き資産のつくり方   〜35歳までに資産2,000万円〜

国産・無添加を意識した月2.5〜3万円の食事を主に載せています。あわせて35歳までに資産2,000万円目指す過程を綴っていきます。

1年間で250万円貯めた内訳

こんにちは、ももたです。

前回の記事から随分日が経ってしまいました。 

 
1年間で250万円貯めた方法を今回の記事に書きたいと思います。
その前に!この方法はオススメしません。リバウンドしやすく、節約なんかもういやだ!ってなります。
どうしても貯める必要がある!という短期決戦の方は参考にしてみてください。
 
【ポイント】
財形貯蓄・先取り貯金
 
【大体の家計簿】
①手取り合計(家賃は天引き済み):35万円前後
  ももた:月17万円前後
  ももた夫:月18万円前後
  夫婦賞与:年間60万円前後
 
②支出合計:179,050円前後
◆支出(固定)
  奨学金:27,279円
  保険:32,388円(終身)
  保険:7,910円(掛け捨て)※火災保険含む
  新聞:4,383円
2人で 64,050円
◆支出(変動1)
  電気・ガス・水道:13,000円前後
  携帯:24,000円前後
2人で37,000円
◆支出(変動2)
  食費:18,000円(外食含まず)
  交際費・日用品費:30,000円
  娯楽費など:.30,000円
2人で78,000円
 
③貯金
月17万円、賞与50万円
合計:254万円
★財形貯蓄:月5万円、月12万円を預金口座で貯金
 
お金の流れはこんな感じです。
ではもう少し細かく見てみましょう。
 
①収入について
一人一人の額は多くないですが、2人で働いていたので割とまとまった額になってます。
残業も月によってそこまでのばらつきがないので、大体2人で38万円くらいでした。
 
②支出について
2人の奨学金がつらかった…。
保険負担は大きいですが、貯蓄と万が一目的で、20年後くらいには帰ってくる予定です。
あと家賃が給与天引きで、仕事の昼食代も給与天引きです。社内食堂で安く上がってます。
冠婚葬祭や付き合いの飲み会が多く、この出費は避けられません。
おそらく娯楽費にこれまで13万円以上費やしていたので、4万円はつらかったです。今思うとそんな少ない額ではないと思いますが。
 
③貯金方法
毎月財形貯蓄で5万円を天引き
加えて、12万円を貯金専用口座に移しました。
給料日にすぐ移す!これが結構ポイントで、めんどくさいと思っていたけど貯金が楽しみになりました。
 
お金を貯めるのに何が大変だったかというと、毎日お金を使いたくなる癖を抑えることでした。
毎日スタバに寄り、コンビニに寄り、1日で1,000〜3,000円を浪費していました。
これを治すのにすごく時間がかかった。。もはや治療に近かったかもしれない。
この浪費を抑える方法は、次の記事に記載します。