共働き資産のつくり方   〜35歳までに資産2,000万円〜

国産・無添加を意識した月2.5〜3万円の食事を主に載せています。あわせて35歳までに資産2,000万円目指す過程を綴っていきます。

浪費を抑える方法①

自分で書いた記事を見直してみましたが、非常に見づらいですね。。改善できるよう徐々にがんばります。

 
さて、前回に 250万円貯金の内訳を記載しましたので、もう少し詳細を記していきます。
今回の記事では、どうやって浪費をコントロールしたかということに触れてみたいと思います。時間はかかりましたが、私はこの方法で徐々に浪費を減らすことができました。
 
【実施したこと】※詳細はその下に記載
①買ったあとの生活を想像する
②原則、ネット購入ではなく、店舗で購入する
③A→Cを段階的に実施
A.コンビニでの浪費を抑える
B.コンビニ→スーパーやドラッグストアへシフトする
C.スーパーやドラッグストアに行く回数を減らして行く
④クレジットカードを使わない
 
長くなるので、①②を本記事に記載して
③④は次の記事に記載します。
 
【詳細】
①買ったあとの生活を想像する
欲しいと思ったとき、買いたいものなので、その物やサービスを買うメリットを想像しているはずです。私は買う前に、デメリットを想像します。例えば下記のような内容を自問自答します。
 
★服の場合
・家のスペースは大丈夫?掃除や片付けが面倒にならない?
・洗濯はしやすい?大丈夫?
★家電や大きめの物の場合
・家のスペースは大丈夫?掃除や片付けが面倒にならない?
・捨てるとき大変じゃない?手間かからない?捨てるのにお金かからない?
★マッサージなどの場合
・揉み返しがあるのでは?
・ストレッチで解消できない?
・サービス受けたあと、帰るのめんどくさくない?
 
こんな感じで、考えてすぐ判断つかなければ、1日〜7日寝かします。本当に必要なものなら、今日は●●買いに行かねば!となっていることが多いので、それ以外は衝動とみなしています。
 
②原則、ネット購入ではなく、店舗で購入する
実物を見て購入する方が納得感があります。ネットだと過剰に期待してしまっていたり、商品に対する満足感にバラつきがあります。
加えて、ネットだと基本的にクレジットカード払いになります。これを避けるという店でもなるべくネット購入を避けました。
ただし、5,000円前後の消耗品は買っていました。コンタクトの洗浄液などそうです。
 
③④は次の記事へ。
基本的にめちゃくちゃめんどくさがりなので、めんどくさくないかな?が合言葉みたいになっていました。